オルビスのクレンジングは危険?なのか徹底分析!

オルビスの代名詞といえば「クレンジングリキッド」。15年連続売上NO.1というロングセラーで、オイルフリーなのにメイクがスルッと落ちて、その上乾燥知らずとまさに万能クレンジングの代名詞です。

オイルを使わないのに高いクレンジング力、濡れた手でも使えてクレンジング特有のヌルヌルがなくすすぎが早い。何かと女性が面倒に感じるクレンジングの負の部分を払拭してくれるクレンジングリキッドです。世間のクチコミを見てもおおよそいい情報ばかりが並んでいるようです。

ただ、このクレンジングリキッドを検索すると辛口なクチコミもちらほら見当たります。

  • リキッドといえどもこってりとしたテクスチャー。馴染ませる時に肌を痛めそう
  • すすぎにちょっともたつきがある
  • サッと落とせると言っても、しっかり落とさないとメイクが落ちない
  • 特に肌トラブルはないので、価格で使い続けている

時代の流れとともに改良を重ね、マツエクにも使える、お風呂で濡れた手OKなど、まさにパーフェクトと思われるオルビスのクレンジングリキッドですが、クレンジングも最近では進化を重ねています。ずっと同じクレンジングしか使わない!と愛用されている方も、日々研究開発を重ね他社から出ているクレンジングを見逃すのは危険です。そこでオルビスのクレンジングのさらに上をいく時代の最先端クレンジングをピックアップしてみます。

クレンジングしながらまつ毛を伸ばす?!リーボン アイリッドクレンジング

間違いなく最先端クレンジングと言われているのが「リーボン アイリッドクレンジング」。W洗顔不要、マツエクOK、濡れた手でも使える、やわらかいテクスチャーで簡単にメイクオフできるというオルビスのクレンジングリキッドに似た機能性に加え、まつ毛のケアまでできるという商品です。

昨今、マツエクやアイメイク、まつ毛美容液に代表されるように、まつ毛に対する美容熱が年々高まっています。この目元への負担は想像以上で知らないうちに多くのトラブルを抱えて危険な状態に陥っている女性が増えてきているのです。

  • マツエクが抜けないように、目元のクレンジングをしっかりしない
  • マツエクのせいで生え際に汚れが溜まっている
  • 濃いアイメイクや目元ギリギリのアイラインなどで皮脂腺がつまる
  • 残ったメイク汚れを餌にする「まつ毛ダニ」が生息する
  • まつ毛が抜ける、ドライアイ、ものもらいなど眼病になりやすい

挙げればきりがないほどに危険なトラブル急増中。このトラブルの根本原因を排除すべく、また今あるまつ毛をいかに伸ばすかに着目したのがリーボンのクレンジングです。

実は海外では「リッドハイジーン」といって「目元を清潔に保つ」ためのケア用品が多く出回っており、眼病予防をはじめまつ毛がしっかり生えるためのケアは習慣的に行われているそう。せっかくのマツエクやアイメイクも、まつ毛ダニや眼病などが発生しては台無し。自分のまつ毛を簡単に、しっかり伸ばすことに着目したリーボンのクレンジングは今まさに売れに売れている大ヒット商品です。

スポンサーリンク
アルケミー危険レクタングル (大)