あきゅらいずの「美養品」ってなんでしょう?

あきゅらいずの「美養品」は「美しさを容づくるのではなく、美を養うことからはじめよう」というコンセプトのもと、美容品を美養品と呼び、肌本来が持っている力を呼び覚ますお手伝いをしてくれます。

images
出典:公式サイト

ラインナップはシンプルケアがきほんのセットとなったあきゅらいずが選んだ基本のセットセレクト。

玉粉肌(たまごはだ)はとうもろこしやお米から作られた、肌にとてもやさしい軽やかなフェイスパウダーです。防腐剤は一切使用せず、「泡石」の泡立て洗顔だけで落とせるので、お顔を洗いすぎる心配もありません。

すきんおいるは乾燥が気になる時に使用してください。水のようにサラサラなことに驚くサポートオイルです。ホホバオイルや植物性スクワランなどの保湿成分が含まれているので、豊かな潤いを与え、ハリのあるお肌へと導きます。
ほのかなさくら色をしているのは、和漢ハーブの「紫根しこん」より抽出したエキスを配合しているから。見た目は可憐だけれど、実はとっても頼りになるオイルです。

あきゅ式クレンジングは「がら紡糸」から生まれたやさしい布の洗顔クロスです。織り目の細かい面と粗い面、その間に織り目の細かい綿を一枚入れた三層構造になっています。この三層が“あクレ”のやさしさ構造。目の細かい面は小鼻などお顔の細かい部分に、目の粗い面はお顔はもちろんですが、体や皮膚が硬くなりがちなひじやかかとなど全身にも使えます。

あきゅらいずは思わず笑顔がごぼれてしまいそうな簡単で楽ちんなスキンケアを目指しています。

images
出典:公式サイト

おすすめはきほんセレクトの洗顔で潤いをのこしつつ余分な汚れと皮脂を落とします。毎日使うことの出来る肌の調子を整えるパックで心まで弾むようなふっくらとした肌へ。化粧水・乳液・美容液を1つにした保湿クリームでしっかりと潤うのにべとつかずにさらっとした肌へ仕上げます。

images
出典:公式サイト

しみやしわ、くすみ、にきびなどさまざまな肌トラブルの原因は肌のチカラ不足と考えるあきゅらいずは年齢や肌のタイプに関わらず、すっぴん美肌を作る一番の近道は『三すぎ』を卒業すること!

「塗りすぎる」「洗いすぎる」「つけすぎる」この三すぎによって次第に肌のチカラは落ちてきてしまいます。
一番大切なのは潤いと代謝を大切にすること!

三すぎを断ち切り、自分自身の潤いと代謝のチカラで肌を健やかに保ちましょう。

あきゅらいずの詳細はこちらから!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
あきゅらいずの化粧品に落とし穴?人気のスキンケアを徹底比較!

スポンサーリンク
アルケミー危険レクタングル (大)