エポラーシェが無添加にこだわる理由とは?

images

医師と共に「エポラーシェ」をプロデュースしている美容研究家の岡江美希さんは、20代の頃の肌より40代後半となった現在の方が美肌である理由は、無添加でありながら結果の出るスキンケアを続けてきたからだと痛感しています。

エポラーシェシリーズは「無香料」「タール系色素不使用」「無鉱物油」「ノンパラベン」「石油系合成界面活性剤フリー」を約束しています。

エポラーシェのこだわり

images

「エポラーシェ」は、“本当にいいものは何か?”ということを考えて、美容理念に基づいた日々の研究を重ねた結果、余計なものは配合しないことに辿りつきました。

毎日肌に使用し続けるスキンケアは、配合されている成分がどんなものなのかは重要なポイントです。

不足している成分は添加物で補うのではなく、肌にも安心して使用できる天然ハーブを配合することでカバーします。無添加でありながら、きちんと結果の出るスキンケアを実現するために20年間歩み続けてきました。

5つの添加物を配合しない理由

images

1日で変化がなくても、長い目で肌のことを考えたとき添加物は肌に大いに影響を与えます。

●香料・タール系色素

商品のイメージや見栄えを向上させるために使用される添加物です。肌に必要がないだけでなく、負担をかけてしまう場合もあるので、十分に見極めてから取り入れる必要があります。

●鉱物油

石油を大切な肌に塗っているイメージに近いかもしれません。ニキビなどの肌荒れや、シミやシワといったトラブルの原因になり得る成分です。

●パラベン

防腐剤として用いられることの多い石油系由来成分です。肌の老化を進行させてしまう危険性があるとされています。

●石油系合成界面活性剤

強い洗浄力をサポートすることで用いられることの多い添加物です。肌に必要な皮脂まで取り過ぎてしまうことで、乾燥を進行させてしまいます。肌のバリア機能を壊してダメージを与えます。

「エポラーシェ」の詳細はこちらからエポラーシェの化粧品に落とし穴?話題のスキンケア比較!

スポンサーリンク
アルケミー危険レクタングル (大)